スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
明後日、世界が大変なことになるかもしれません。
今、アメリカでは大変なことが起こっています。

7月22日(アメリカ現地時間)までにアメリカ国債の発行上限引き上げに米議会が合意しなければ、8月3日からの政府支出の資金が枯渇します。
これは一般企業で言うと不渡りです。
厳密に言うと国債償還ができなくなると不渡りになります。

もし、アメリカ国債が債務不履行となると世界に与えるショックは並大抵のものではありません。
現在は上限一杯まで発行しているのですがその額14兆2940億ドル(1100兆円)です。
こんな額の国債が紙切れになったら、世界はどうなると思われますか?

日本の外貨準備高は約100兆円。
そのほとんどは米国債で、これがパァになります。
その他にも民間が持っている米国債もなかったことになります。

世界中から1100兆円の貸しているはずのお金が消える衝撃はどのくらいになるのでしょう。
米国債を多く抱えている金融機関のいくつかは破錠し、連鎖倒産は計り知れないものになります。
当然、世界は特に日本は大不況に見舞われ、地震からの復興などと言っていられなくなるかもしれません。

ホントに津波被害よりも大きなインパクトを世界に与える可能性があります。
たしかに、今回の津波で2万人以上が亡くなりましたが、そんな大不況がくれば、世界中で2万人どころではない方が自殺などを中心に無くなる可能性があります。

もちろん、アメリカ議会とオバマ大統領の間でギリギリの交渉が行われていることでしょう。
22日までに国債発行上限引き上げで合意できるかもしれません。
今、究極のチキンレースがワシントンで行われています。

いくらなんでも合意するだろうと多くの方が考えていますし、その可能性の方が高いとは思いますが、アメリカ議会には「アメリカはすでに財政破錠しているのだから、一度破産したほうが先々のために良い」と考えている議員もいますし、オバマ大統領は議会を通った共和党の財政改革付き国債発行上限を引き上げ案に拒否権を発動しています。


本当にとんでもないチキンレースが行われています。
今回の地震と津波は想定外でした。
想定外であるはずの米国債債務不履行がおこらないとは限りません。
そんな大事なときに日本のマスコミは何を報道しているのでしょうか?

今回、東京電力の株価が急落した局面で巨大な利益を上げた人や金融機関があります。
現代社会では株価が下がったり、不景気になった方が儲かる人や企業があります。
オバマ大統領や米議会がそういうサイドの人間に取り込まれていたといたら…

考えただけで恐ろしい話です。
スポンサーサイト
[2011/07/20 11:28] | コラム「世界中の悩み」 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<今、一番観たい映画 2011.08 | ホーム | 『プリンセス・トヨトミ』>>
コメント
地味~に金が上がってますね。

なんだか…。
[2011/07/22 00:38] URL | いたくらん。 #- [ 編集 ]
金はイギリスが作った歴史上最初のインチキ市場なんですがね・・・

金の年間産出量2440トン(2004)しかないのに取引高が多すぎ・・・

ただのギャンブルです。
経済活動に直結した市場ではありません。
[2011/07/30 18:22] URL | てんちょ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/496-e28219a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。