FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ひと夏の恋
今さらながら、東日本大震災の被害に合われた方にお見舞い申し上げます。

この「ひと夏の恋」は被災地・宮城県大崎市のお酒です。
ワイドショーで復興を目指しているということで何度か取り上げられた新澤醸造店は醸しています。
何万本も瓶が割れ、設備も破損し、代々続いた酒蔵自体も使用不能状態でした。
そこから、立てなおして醸させた今年のお酒です。

ひと夏の恋

この蔵は究極の食中酒を目指すことを目指しているそうです。

スペックは酒米;ひとめぼれ、55%磨きの純米吟醸です。

飲んだ瞬間の印象は「まったくひろがりのないお酒」でした。

甘みや香りをほとんど感じません。
味も素っ気もないお酒を食中酒というのならば、たしかに食中酒だと思いました。

しかし、後口のキレは素晴らしい物があります。
ス~と消えてゆく感じは他の苦味でキレを出しているお酒とは一線を画していました。

食中酒という定義は大変難しいと思います。
いつから、そんな言葉ができたのかわかりませんが、古来、日本では食前も食中も食後も日本酒を飲んでいたのでしょう。
それが食生活の多様化で食中酒という考え方ができてきた。

よくTVで「この酒は料理の邪魔をしない」などと発言する人がいます。
料理の引き立て役になる食中酒もあるでしょう。
「この料理とこのお酒は合うね」というように引き立てあえる食中酒もあるでしょう。
そして、この酒にはこのつまみというように料理を酒に合わせることもあるでしょう。

そんな中、僕には食中酒という概念が今一つ掴みきれません。

食中酒論はともあれ「ひと夏の恋」はいいお酒です。

派手さはないがなにか興味が惹かれるような酒。

女優に例えると

田中美里

田中美里さんのようなお酒でしょうか?

夏限定なのでお早めに!!
スポンサーサイト
[2011/07/04 21:14] | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『プリンセス・トヨトミ』 | ホーム | 死刑>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/494-f8e71307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。