FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ナカヤマフェスタ惜しい!!
今年のヨーロッパ最強馬を決める凱旋門賞が10月3日にありました。

日本からは
ナカヤマフェスタ
ヴィクトワールピサ
が遠征。

結果はナカヤマフェスタが2着
ヴィクトワールピサが7着でした。

ナカヤマフェスタは今年の宝塚記念を勝ちましたがチャンピオンホースという印象がある馬ではありません。
その馬が勝馬のワークフォースと直線100mを叩き合い、クビ差まで追い詰めたのです。

ワークフォースは今年の英ダービーで2着を7馬身もちぎった馬ですから、ナカヤマフェスタがいかに健闘したかがわかるでしょう。

とはいえ2着です。
差し切るかに見えたのですが、さすがにワークフォースの勝負根性はすごいものがありました。
ワークフォースは3歳ですから斤量が3.5kg軽かったのも不利だったと思います。
それにフォルスストレートから直線に向いた辺りで馬群に飲み込まれ、立て直す間に失速しました。
ホントに惜しい2着です。

動画もありますから、どれだけ惜しいか見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=U3ORpeIGk3k

今回はかなりの重馬場だったので、ナカヤマフェスタには良かったのかもしれません。
彼は大変気分屋で、気分が乗らないと走らない馬でした。
気分が乗っていたんでしょうね。

動画を見ていただくと分かりますが、今回の凱旋門賞は馬群が密集して激しい競馬になりました。
馬群の内にいた馬はごった返して大変そうでした。
それに右左に跳ねている馬もいましたし…
日本では考えられないような激しい競馬でした。

ヴィクトワールピサはそんな馬群に飲み込まれてしまっていましたね。
馬場も悪いし、あんな馬込みでは抜け出すだけでも大変だったでしょう。
武豊は凱旋門賞とはホントに相性がわるいようです。
何度か出てますが凱旋門賞では、素人目にもひどい騎乗ばかりです。
いいジョッキーですから、いつかは凱旋門賞でいい騎乗をして勝ってもらいたいものです。

でも本当に惜しかった。
日本の馬が世界チャンピオンになる日はいつくるのでしょうか?
スポンサーサイト
[2010/10/06 19:37] | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<阪神終戦… | ホーム | 中国と勝間和代さん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/486-1d097aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。