FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
中国と勝間和代さん
最近、尖閣諸島問題で揉めてるニュースが多いのですね。
日本政府は弱腰だとTVは連日わめいています。

しかし、今回のことで損したのは本当に日本なんでしょうか?

現在、尖閣諸島は日本が実効支配しています。
その領海内に入ってきた中国船を海上保安庁の船が拿捕。
船長以下数名を検挙しました。
両国共に領有権を主張していますが、日本が実効支配しています。
両国ともそこはウチの領海だと言っているのです。

その国際的に微妙な部分を考慮して、釈放した日本と恫喝した印象の中国。
複数の国と領有権争いをしている中国はそれらの国にかなり悪い国という印象を与えたでしょう。
その他の国からもジャイアンみたいな国だなと思われたはずです。
国際的に今回のことで日本の評価が上がることはありませんが、中国のイメージはかなり悪くなったでしょう。

どちらが得だったんでしょうか?
今の中国の執行部は優秀ですから、わかっているはずです。

国際政治とは当事国だけではありません。
他にもにもたくさんの国があります。
それらの国を考えた外交をしないといけません。
日本も近隣の国を見習って、被害者面をすればいいのかもしれませんね。
日本人のプライドが許さないとは思いますが…

さて、話は変わって勝間和代さんが叩かれています。

ブログで彼女の本のアマゾンのレビューにひどい事が書かれているからアマゾンに削除して欲しい。
と言っているのに2年も放置している。
アマゾンはひどい会社だと言ったみたいです。
それなりの根拠はあるんだと思います。
レビュー荒らしのようなこともあるとは思います。

ただ、彼女は致命的なことをブログに書いていました。
それは、昔出した本は良い評価が多いのに、最近の本は評価が低い。
内容的には変わらないのにこうなるのはレビューあらしがいるからでその対応をしないアマゾンはひどい会社だ。
と言っているんですね。

他人が評価するからレビューなのに自分で評価を決めてしまっています。

これは何様ですか?という印象を与えるような論理ですね。

本を書いた人がその本を売っている人に商売の仕方が気に入らないから、おたくには協力しませんよと世界中にブログでアピールしている。

中国と勝間和代さんはよく似ています。
正論と思っている持論を力強く展開し、当事者同士では言い負かしたかもしれない。
しかし、まわりの人たちはドン引きしている。

どちらとも近所にはいてほしくないタイプですね。

スポンサーサイト
[2010/10/05 18:24] | 店長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ナカヤマフェスタ惜しい!! | ホーム | 松茸弁当>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/485-eb4b6d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。