FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『インセプション』
先週、観たのですが感想を書いていませんでした。

渡辺謙とディカプリオが共演したSF作品です。
ストーリーは寝ている間に人の脳の意識に侵入し、秘密を探る技術を持った産業スパイが「インセプション」と呼ばれる極めて困難なミッションを依頼される。
それは今までののぞき見と違い、相手の脳内に潜在意識を植えつけるものだった。
そのために仲間を集め、依頼者であるサイトー(渡辺謙)とともにターゲットの脳内に潜入していく。

てな感じのストーリーです。

相手の夢と言っても、ある程度は侵入者がデザインしたものを見せることができるようになっています。
いろいろ映画内でのルールを理解しないとストーリーが解かりづらいかもしれません。
クリストファー・ノーラン監督ですからそういうのが好きなんでしょうね。

同じような映画をトム・クルーズが主演すると単純でわかりやすくなるんでしょうが、SFといえどもレオ様とC・ノーラン監督はなかなか深い造りにしてあります。

ということで評価は☆☆☆+です。

こういう映画はストーリーのつじつまが合わないことが多いのですが、だいたい整合性があります。
一点だけ無理がありましたが…

映画の奥深さを醸し出すために主人公コブ(レオ様)と奥さんの知られざる過去がいいアクセントになっていますし。
ただ、それ以上のことはありませんでした。
楽しく観れて、謎もソコソコあって、アクションや映像も良く出来ています。
娯楽大作としては成功なのではないでしょうか?

しかし、なにかが足りず、それ以上の物にはなっていませんね。
トム・クルーズのSF映画は最初からそれ以上のものなんて狙ってないと思いますが、この映画のスタッフはそれ以上のものを目指していたと思いますから、ちょっと残念な結果だと思います。

スポンサーサイト
[2010/08/25 18:13] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<茶豆 | ホーム | 『マイ・ブラザー』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/481-51b7ddcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。