FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
アフガニスタンで鉱床
こんなニュースが出ていました。

米国:アフガンでリチウムなどの鉱床発見、約92兆円規模-NYT紙
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aqEIoPb4xds4

アフガニスタンで鉄鉱石やら銅やらリチウムやら約1兆ドル(約92兆円)規模の鉱床を発見したそうです。
発見したのは国防総省の事業開発タスクフォースていう組織らしいです。
発見した鉱床の検証のため米国の専門家を雇い入れたとかいってますが…

その鉱物資源の権利はアフガニスタンの人達のものですから!!
発見した人のものではありません!!

昔からアフガニスタンにソ連やアメリカがかわるがわる入っていって、引っかき回す理由はなんなのかと思っていました。

資源がそう豊かでもなく、交通の要衝というわけでもない。
そこにソ連は約10年間、足を突っ込み1万5千人の死者と膨大な占領費を費やし、ソ連崩壊の序曲となりました。

その後、タリバン政権が独裁的とはいえ戦乱がない時代を築いていたのに、また多国籍軍がまた引っ掻き回しました。
そして、泥沼の戦乱状態に時間と金を垂れ流しています。
もちろん、多くの人命も。

ソ連とアメリカと言う超大国がなんの目的で中東の辺境国のGDPを上回る額のお金を使って軍を送るのか?
もっともらしい理由はついていますが、今ひとつピンときませんでした。

アフガニスタンになにがあるんだろうと…

この希少金属発見のニュースは全部ではないと思いますが答の一つかもしれません。

また、近隣国のカザフスタンは世界第2位のウラン鉱石の埋蔵量を誇っていますから、アフガニスタンにもあるのかもしれません。

そして、米軍が進行する国の共通点がもう一つ。
ベトナム、ニカラグア、アフガニスタンはいずれもケシの産出国です。
つまり、覚醒剤の原料です。

その辺にもなにかあるのかもしれません。

最後に声を大にしていいますが

「アフガニスタンで見つかった地下資源はアフガニスタンの人のものですから!!」
スポンサーサイト
[2010/06/15 17:18] | コラム「世界中の悩み」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『ハートロッカー』 | ホーム | 祝・サッカーワールドカップ開幕!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/475-d0951716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。