FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
レッドディザイア残念でした。
1着のグロリアデカンペオンに6馬身ほど離された11着でした。
残り400mのところで外に出したときにはおおっと思いましたがそこから伸びず。
流れ込んだだけの競馬になりました。

先行馬が軒並み上位入選したスローペースの展開でした。
道中5,6番手にいた位置取りは良かったと思います。
ただ、3枠の内枠発送で他の馬に包まれてしまい、精神的に落ち着きをなくしてしまったようです。
人間に例えると日本の女の子が外国のマッチョな男どもの中に包まれて走るんですから、精神的に追い込まれても当たり前といえば当たり前なんですが…

ここで関係者のコメント
【C.スミヨン騎手(レッドディザイア号騎乗)】
「少しエキサイトしていたかもしれません。
4コーナーでこれからエンジンがかかるというところで、他の馬に寄られて力が出し切れませんでした。
前走負かした馬が上位に来ているだけに、今回の敗因が分かりません。厩舎スタッフがきっちり仕上げてくれたのに、この結果は残念です。」

【松永 幹夫調教師のコメント】
「今回も前走と同じスローペースでした。
ただ、前走は折り合うことができましたが、今回は力んでしまい、そのぶん最後伸びを欠いたのかもしれません。
レース後の馬体に関しては問題ありません。次走についてはこれから考えます。」

スミヨン騎手のコメント
敗因がわからないというのは負けたジョッキーの常套手段で、わからなければジョッキー失格です。
言わないだけです。
敗因を語ることはその馬の弱点をさらすことになりますし、自分の騎乗ミスであればなおさら語るわけにはいきません。

松永調教師のコメント
前走と同じスローペースでしたが…
同じではないんです。
前走同じコース、同じ距離の勝ちタイムが

2:02.62

トラックはオールウェザーで天候による馬場状態の差は軽微です。
その状態でより強いメンバーが集まったドバイワールドカップ本番のタイムが

2:03:83

1:21もタイムが遅いのです。
1600mの通過タイムは2秒近く遅かったのではないでしょうか?

前回はスローペースで外々を回って後方から差し切った。
今回は超スローペースで馬群の中から抜けだそうとしたが、スローペースでイラつき、馬に囲まれて平常心を欠いたため最後の挑戦で伸びなかった。

その辺が前走と今回の違いだったと思います。
ですから、レッドディザイアの能力を悲観することは全くないと思いますが、彼女が世界チャンピオンになる可能性は極めて遠くなったと言えるでしょう。
チャンスが有ったのに残念です。
同じメンバーで同じコースを10回走れば、2,3回は彼女が勝ったと思います。
しかし、現実のレースは1回だけ。
それが競馬というものですね。
特に今年はメンバーが手薄だったのでチャンスだったと思います。

もう一つ、つけ加えますとヨーロッパではスローペースが見え見えのメンバー構成になりそうな大レースの場合、ラビットと呼ばれる馬が出走します。
これは、そのレースをスローペースにしたくない有力馬のオーナーや調教師がペースメーカーとして馬を出走させるものです。
勝つ気は最初からありません。
ジョッキーもその辺はわかって出走します。
そうした馬を今回はどこも準備しなかったのも不運でしたね。

このレースを見て、あらためて感じたのは日本馬の海外遠征に対する経験不足です。
特に厩舎関係者は海外で競馬した経験がない人がほとんどなのですから、そんな状態で馬をいいの状態にすることは難しいと思います。
ヨーロッパの場合は国同士が近いので海外遠征は当たり前ですし、アメリカの場合は国内でも飛行機で4時間も移動したり、各競馬場の施設はマチマチで海外遠征するのとあまり変わらない状況にあります。
それに比べて、日本のトレーニングセンターや競馬場は充実しています。
恵まれた環境にあるということが災いしているのではないでしょうか?
厩舎関係の能力が欠けているという意味ではなくて、慣れが必要ということです。

しかし、本当に残念でした。
クロフネが故障していなければ、勝てたであろうと思った2002年のドバイワールドカップ以来、8年ぶりの期待を持たせてくれただけでもレッドディザイアには感謝したいと思います。
関係者の方は本当に悔しいでしょうね。
これからも彼女をよろしくお願いします。







スポンサーサイト
[2010/03/28 18:01] | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<亀田興毅陥落!! | ホーム | いよいよドバイワールドカップ!?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/457-1b508999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。