FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
アカデミー賞発表されました!!
興行記録を塗り替え、快進撃を続ける「アバター」は最多9部門にノミネートされていました。

結果は3部門でアカデミー賞獲得!!

でも「美術監督賞」「撮影賞」「視覚効果賞」だって…

主要部門は
キャメロン・ディアスの元妻キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」が獲りました。
「作品賞」「監督賞」「オリジナル脚本賞」「編集賞」「音響編集賞」「音響録音賞」の6部門ですか。
後ろの方はよくわからない賞ですが、担当の仕事をされている方には計り知れない栄誉ですね。

まぁアカデミー賞というと

「作品賞」「監督賞」
「主演男優賞」「主演女優賞」
「助演男優賞」「助演女優賞」

くらいまでがポピュラーですね。
日本人には
「長編アニメーション賞」
「外国語映画賞」
にも関心がいきますね。
日本映画がよくノミネートされますから。

もう一つの話題がサンドラ・ブロックのアカデミー主演女優賞とラジー主演女優賞のダブル受賞です。
アカデミー賞の前夜、その年最低の映画に与えられる名誉ある賞です。
なぜなら、大物しか受賞できない賞ですから。
つまり、多くの場合期待はずれやセンスの悪い映画に与えらるからです。

そうした中、受賞しても授賞式にくる人はほとんどいないのですが、サンドラ・ブロックは授賞式に来たそうです。
主演女優賞では「キャット・ウーマン」で受賞したハル・ベリー以来ですね。
ハル・ベリーは素晴らしいスピーチで評価を高めましたが、サンドラ・ブロックも手押しのワゴンに受賞作のDVDを満載して現れ、ウィットに富んだスピーチをしたようです。

こうした洒落っけと心の広さは日本人ではなかなかできない物ですよね。
ラジー賞を真剣に創設してしまうブラックな感覚も日本人には中々持てませんが…

そして、最後にさっきも書きました後ろの方のよくわからない賞を受賞した作品がとんでもないことになっています。
長編ドキュメンタリー賞
「ザ・コーヴ」
このドキュメンタリーは和歌山県の太地町で行われているイルカ漁を5年がかりで、隠し撮りした映画でイルカ漁の残忍さを世界に訴えるために作ったそうです。

まぁ欧米人の一部は韓国の犬とか日本の捕鯨とか自分達が好きなものが食用にされるのを見ると人殺しのように非難してきます。
日本でいうと妄信的憲法擁護論者や食品添加物忌避者のようなものでしょうか?
全体的な視野を持っていない狂信的な人たちですね。

昨日見たニュースでチリの大地震で略奪行為をする人達が映し出されていました。
火事場泥棒もいいところです。
インタビュアーがなんでこんなことするんですかと聞かれた人は
「子供に食べさせるものがないからしょうがない」と言っていました。
太地町の人にもインタビューしてあげて欲しいです。
殺すのが嬉しくてやっているわけではないでしょう。
「俺たちは1000年以上前からこの仕事で食ってきた」
「仕事だ」というでしょう。
合法的な生業としているのですから。

とはいえ、アメリカ人全てがそういう人達ではないと思います。
あくまで一部です。
この映画関係者もイルカ漁をする人間を憎んではいないでしょう。

本当にイルカ漁をやめさせるために撮ったのか?問われたら
彼らは本音ではこういうでしょう。
「It's my business」
センセーションを作り出すことこそが彼らの仕事ですから。

相手をしないことが一番です。

誤解を避けるために妄信的憲法擁護論者や食品添加物忌避者の定義は続きで


妄信的憲法擁護論者とは
理想的な憲法を持つ日本人として、なにがあっても憲法は改正されてはならないと考える人達。
日本国憲法は確かにひとつの理想型としての形を持っているが、現実的には憲法を遵守するだけでは乗り切れない様々な問題に日本は直面してきた。
その度に政府は憲法解釈を広げて対処してきたが、その対処を憲法違反だと指摘する。
日本の戦後は平和憲法があったから、戦争をしなくてすんだわけではなく、平和を守るために多くの政治家や官僚、国民が戦争をしないで済むように努力したことを無視して、日本国憲法の有効性だけを盲信する。
「日本国憲法が今のままでさえあれば日本は平和だ」と。

食品添加物忌避者とは
専門的な知識を持つ学術経験者が一定の量であれば健康に問題がないとして、認めた食品添加物を危険なものだと信じ込んでいる人々。
食品添加物は自然界から採取されたものも多く、豆腐のにがりや漬物を仕込む塩も伝統的な食品添加物である。
塩は取りすぎると健康被害が起こるものであるが、そういうことは無視して自分たちが決めたものは安全で他のものは危険という立場を取る。
特にカタカナ表記のものを嫌う傾向が強い。
「味の素」は使うが「グルタミン酸ナトリウム」は使わないといったような感覚である。

あくまで妄信的に信じている人達であって、多くの憲法擁護論者や食品添加物忌避者は含まれていません。
スポンサーサイト
[2010/03/08 19:15] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<スズメが減っているそうです。 | ホーム | ウオッカ引退!!>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/04/14 22:46] | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/447-d5116c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。