FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
レッドディザイア快勝!!
日本時間の今朝
ドバイでレッドディザイアがドバイワールドカップの前哨戦マクトゥーム・チャレンジ(GⅡ)に快勝しました。
後方2番手からの差し切り勝ちです。
注目のウオッカは最後の200mで伸びず8着でした。

このコースはタペタと呼ばれるオールウェザーのコースです。
去年まではナドアルシバ競馬場のダートだったのですが、今年からメイダン競馬場のオールウェザーで行われます。
オールウェザーと言うのは文字通り全天候型のコースを目指したもので、電線のカバーのゴムのようなものを粒状にして敷き詰めたもので馬の脚に対する負担が軽いと言われています。
アメリカでもダートの代わりに使う競馬場が増えてきました。

まず、ウオッカのレースぶりですが、先行集団につけて最後の400mあたりではいつ突き抜けてもおかしくないような雰囲気でした。
ただ、最後の脚色を見るとオールウェザーの2000mは少し長いのかもしれません。
日本の芝であればなんとかごまかせていたものが、海外のオールウェザーだと隠しきれないような印象を受けました。
本番は思い切って1800m芝で行われるドバイ・デューティーフリーに出た方がいいのではないでしょうか?
道中、力んで走っていたようにも見えましたので、輸送の影響でちょっとイライラしていたのかもしれません。

そして、勝ったレッドディザイアですが、久しぶりに日本の馬が世界で通用するかもしれない期待感を持たせてくれました。
道中は死んだふりをしていたような追走で後方2番手。
最後直線に賭けて大外を一気に伸びてきました。
鞍上のペリエ、GJです。
ただ、本番見たかった。
もう一回再現できるのでしょうか?
サンデーサイレンスが死んでから日本産馬が世界で活躍するチャンスが遠のいた気がしていた今日この頃ですが、レッドディザイアは久しぶりの期待を持たせてくれました。
2着になったのは昨年のドバイワールドカップ2着馬のグロリア・デ・カンペオン。
とはいえ昨年は1着に14馬身離されての2着でした。

今年の有力馬が現在アメリカGⅠを4連勝中のジオポンティです。
芝路線を歩んでいましたので、コース適性は不明なところもあります。
レッドディザイアは芝2400mのドバイ・シーマクラシックに出走予定ですがワールドカップの方に出て一泡吹かせて欲しいところです。

運命のドバイワールドカップデイは3月27日です。
ワクワクしますね。
スポンサーサイト
[2010/03/05 19:08] | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< | ホーム | 失言ラプソディ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/443-f797e534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。