FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
新世界チャンピオン亀田大毅誕生!!
頑張りましたね。
次男・大毅くん。

あまり書くこともないのでスルーしようと思ったのですが、お兄ちゃんの時いろいろ書いたのでまた書いときます。

勝った後のインタビューで涙ながらのコメントにはウソ偽りのない感情がこもっていたでしょう。
試合としては、チャンピオンが消極的な試合をしていましたからおもしろい試合とはいきませんでしたが、大毅くんをほめてあげてもいいのではないでしょうか?

これで現役日本チャンピオンは7人になりました。
日本ではWBAとWBCを認定しています。
ですから世界チャンピオンは一人というわけではありません。
しかも7人のウチ5人が暫定チャンピオンか暫定チャンピオンを抱える正チャンピオンです。

暫定チャンピオンは正チャンピオンが怪我などで防衛戦を行えなかった時などに暫定タイトルマッチをランキング上位の選手で行い、認定されます。
ただし、一定期間のうちに正チャンピオンと統一戦を行わなければいけません。
しかし、正チャンピオンと同じ待遇を受けます。
つまり、チャンピオンが二人いる状態なのです。
これはひとえにチャンピオン認定団体がチャンピオンを濫造していることによる弊害です。
さらにWBAにはスーパー王者という制度があり、17階級で31人もチャンピオンがいます。
これではチャンピオンの権威も落ちてしまいますね。
そういう現状が日本人チャンピオン7人という状態を作り出したといえるでしょう。

話を大毅くんに戻しましょう。
大毅くんは頑張った。
しかし、試合後に亀田節が炸裂しました。
「激しい減量のせいで試合後に熱が出た。防衛戦をやれるかどうか分からない。」
7kgの激しい減量らしいです。
7kgの減量をするボクサーは星の数ほどいます。
こういうことをやるとまた金でタイトルを勝ったという話が出てしまいます。
試合前にデンカオセーンはもうボクシングに対してやる気が無い
「誰が挑戦するかを争っているいうより、王者が誰にベルトを売るかという感じ」
という話が出ていたそうです。
政治も相撲もボクシングもあまり裏側をつつくと夢が持てなくなりますね。
興醒めします。
知らなくていいこともあると思います。

そんな中、大毅くんが世間のプレッシャーを一身に浴びて、リングに上がり精一杯戦った事実は変わりません。
ボクシングの内容は低調でしたが、よく頑張ったと言って上げたいと思います。
インタビューで彼が「センスも才能もない自分が世界チャンピオンになれたのは家族のお陰です。」というコメントがありました。
これは彼が本当にそう思っていたのでしょう。
謙虚な一面がありますね。
虚勢を張るビッグマウスは敵を作り、プレッシャーを浴びるのでキツイと思います。
その中でよく頑張りました。

いろいろな憶測や試合内容に対する批判を吹き飛ばすのはこれからの彼の行動だと思います。
難しいことだとは思いますがやってみて欲しいものです。

スポンサーサイト
[2010/02/10 00:22] | Boxing | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<新世界チャンピオン亀田大毅誕生!! 続き | ホーム | 半額セール>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/437-be78c534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。