FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ラッシュアワー
昨日、お客様とのお話の中でインドのラッシュアワーは凄いという話がでました。

それでちょっと調べていましたら

こんなのが…

e8c701f25d08cb6a33b4ff86bb8033b2a6ea3e94_m.jpg

インドの通勤ラッシュって書いてありました。



よく見ると金髪の女性とか、白人男性とか多すぎます。
ロシアっぽい帽子かぶってる人もいるし、皆コート着てます。
インドなわけねェ~だろっ!!

しかし、凄い混みようです。
乗れるわけがないですね。
始発でも無理。

そして、見つけました。
インドの通勤電車の画像。

0.jpg

動画から落としたものなので鮮明ではありませんが…
電車はまだ動いています。

てか

ドアがないジャン!!
中の方にいる人降りたいところで降りれそうにないですね。
インドに転勤になった日本人の人は慣れるまで大変ですね。

そんな人は運転手付きの車で通うよってツッコまれそうですが…

もう一枚

20080917200237.jpg

上にも乗っています。
かなり危険そうです。
日本のヤンキー兄ちゃんのハコ乗りが可愛く見えます。

インドの電車風景おまけ

amr0811090948001-p1.jpg

通勤風景ではないですが、なんかの芸みたいです。

そもそも、この話になったのはお客様がインドには弁当配達代行業という仕事があるという話からです。
通勤ラッシュが凄すぎて持っていけないからということでした。
それで通勤風景を調べてみたのですが、インドの弁当配達代行も調べてみると興味深いことがありました。

その仕事はダッバーワーラーと呼ばれていて、100年以上前からある仕事のようです。
植民地時代、イギリス系の職場で働く人がそこで出てくるイギリス風の昼食に嫌気がさして、家で作ったものを配達してくれるように頼んだのが起源のようです。
イギリス料理は美味しくないっていいますからね。
友達がロンドンで勤務になった時、美味しい店を紹介してくれと現地の人に聞いたら、インド料理か中華に行けと言われたそうです。

現在では高度に組織化されていて、毎日175,000個以上の弁当箱が配達されているようで、誤配は600万個に1個の割合でしか起こらないそうです。
しかも、確実に昼休みまでには届けているそうです。

凄い量ですね。

少しでも温かいものを食べさせてあげようという奥さんの愛情とダッバーワーラー達のプロ意識がインドのオフィスマンの昼ごはんを支えているんですね。
最初はなんで朝持っていかないの?と思いましたが、冷たいご飯を食べる習慣がある国はかなり少ないそうですから、
朝持っていったのでは冷めてしまいますもんね。
国際的には日本人の方が少数派なのかもしれませんね。

インドの皆さん、お昼ご飯を食べてお仕事頑張ってください。
冷めても宜しければまさらっぷから配達もしますよ。
お支払いはルピーでもいいです。
スポンサーサイト
[2010/02/04 19:10] | 店長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<半額セール | ホーム | 遂に夢の薬が現実になりそうです。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/435-82096e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。