FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『バタフライ・エフェクト』
日本では2005年に公開された映画です。
DVDで観ました。
SFになるのかな?
サスペンスになるのかな?
その中間くらいですね。

星は☆☆☆☆
主人公は大学生になるこれまでの間に幾度か記憶喪失になっていました。
それもたぶん重大な事件が起きたであろう時に。
それが日記を読むことでその時期に数分間、過去戻りができる能力を持っていることに気づきます。
そこで事実と違った行動をすると過去がすべて変わってしまい、現代の自分のおかれた状況も記憶と共に変わってしまうのです。
そうした中、過去を知ろうとした自分の行動が友人に悪影響を与えてしまい、過去をに戻って改善しようとするのですが、どんどんバタフライエフェクトの深みに嵌っていくというストーリーです。

バタフライ・エフェクトとは、カオス力学系において、通常なら無視してしまうような極めて小さな差が、やがては無視できない大きな差となる現象のことをいいます。
蝶の羽ばたきが違った場所の将来の天候を変えてしまうという考え方です。
ちょっと違いますが日本風にいえば「風が吹いたら桶屋が儲かる」みたいな話でしょうか?

話を映画に戻すと映画自体はドラマスペシャル的な映像と出演陣なのですが、話が面白いので引き込まれてしまいます。
突っ込みどころもあるのですが、その辺は展開のテンポの良さと意外なストーリー展開で忘れられます。
過去を変えても、変えても残酷な事実が襲ってくる。
過去を変える恐ろしさが実感できます。

日本ではマイナー作品ですが、アメリカでは主演がアメリカでは人気アイドル的なアシュトン・カッチャーであるということもあり、公開週に1位を記録しました。

是非観ていただきたい1本です。
今から、レンタル屋さんにGO!!
スポンサーサイト
[2009/10/21 11:07] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<田原成貴再び逮捕!! | ホーム | 日曜の昼下がり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/413-4f0920ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。