スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『ハッピーフライト』
久しぶりに映画を観にいけました。
今回は『ハッピーフライト』
星は☆☆☆☆です。

矢口史靖監督、一応主役は田辺誠一ですが、綾瀬はるかや田端智子などを中心にした群像劇のように描かれています。
ホノルル行きの飛行機の登場から離陸、着陸までをさまざまな登場人物を使って、幅のあるストーリーにしています。
誰かに中心にしているわけではないので、感情移入することはありませんが、時間的にもストーリー的にもバランスよく構成されていますので、話が行ったり来たりわかりにくくもなっていませんし、飛行機の運行という知ってそうで知らないことの多いものをうまくわからせてくれます。
ディテールをわかりやすく描いてくれているので「へ~そうなんだ」ということが多かったですね。
鳥をジェット機が吸い込まないように空港に銃で鳥を追う人がいるとか…

日本人は漫画や映画に自分の知らないエッセンスを加えるとリアルに感じたり、知識欲を満たされる満足感を得ることが多いと思います。
たとえば「ミナミの帝王」で裏金融の知識や「ブラックジャックによろしく」で医療界のことや「ゴルゴ13」で国際情勢など上げるとキリがないくらい知識欲を刺激することがヒットを支える要素のひとつとなっているものは多いと思います。
そう言ってる私もそういうタイプですが…

ちょっと不思議だったのは、コメディータッチで描いているからではないと思いますが、出演者があまりかっこよく、またはキレイに見えなかったことです。
そこにリアリティーを感じた部分もあると思いますが、田辺誠一はまったくかっこよく見えませんでした。
時任三郎の方がかっこ良かったですね。
これも監督が意図したところだとは思います。
群像劇で誰かにスポットを当てすぎたり、それぞれの説明を入れすぎたりすると忙しい映画になってしまったりしますが、この映画はまったくそういう部分がありません。
そこが矢口監督のうまさだと思います。

興行的には苦戦をしているようですが、観にいって損のない映画だと思います。
少し前に「フライングラビッツ」という映画をJALが全面協力で作りましたが、「ハッピーフライト」に全面協力したANAの方が企業イメージ的に成功につながったと思います。

最後に自分が小学生だったら確実に航空関係の仕事に就こうと思うだと思います。
スポンサーサイト
[2008/11/25 15:51] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『1408号室』 | ホーム | エテガレイって御存知?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masaraper.blog111.fc2.com/tb.php/298-544eee70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。