スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
茶豆
毎年、8月になるとまさらっぷにも茶豆がお目見えします。
初めて食べた時の感動は今も忘れられません。

コクのある味と歯ごたえ。
そして、なによりも驚いたのはそのこうばしい香りです。

かれこれ10年くらい前から送ってもらっているのですが、その年最初の茶豆が送られて来た時は同じような感動を得られます。

まさらっぷで使っている茶豆は有名な山形の「だだちゃ豆」ではなく、丹波の「黒大豆枝豆」でもありません。
新潟県の旧黒埼町の黒鳥地区の茶豆を使っています。
今は広域合併して新潟市になっています。
ここの茶豆が本当に美味しいんです。

「だだちゃ豆」も「黒大豆枝豆」も両方食べたことはあるのですが、ネームバリューよりも自分たちの素直な感覚で選びました。
茶豆にとって香りは非常に大事です。
その香りが一番良かったと思います。
そして、鮮度ですね。
茶豆は鮮度が良くないと美味しくありません。
鮮度の良くない茶豆は石黒貴己のいないAKB48みたいなものです。

ビミョーな例えでしたが…

とにかく、鮮度が大事!!
鮮度のいい状態で送ってくれる信頼できる農家の方のおかげでいい茶豆が手に入ります。

そこに料理長の経験がプラスされることでまさらっぷの茶豆は口の中で羽ばたくのです。

いつまであるかわかりませんが、食べておかないと損ですよ。
スポンサーサイト
[2010/08/28 18:24] | 食材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。