スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日本ダービー
いよいよ日本ダービーが明後日、5月30日に発走します。
今年は有力馬3頭が激突しますので盛り上がっています。

ここで予想などしてもしょうがないので、18頭のメンバーから見る現代日本競馬のいいとも悪いとも言えない状況を書いておきます。

日本最大の生産牧場グループは言わずと知れた社台グループです。

社台ファーム
ノーザンファーム
白老ファームが主な牧場です。

今回、3歳のチャンピオンを決めるこのレースに出走する日本競馬生え抜きの18頭の中にこのグループの馬が10頭もいるのです。

JRAに登録される競走馬の7500頭程度のうち、社台グループ生産馬は540頭程度です。

8%弱の生産馬がダービー占有率60%というのはすごいことです。
過去10年のダービーで6頭の優勝馬を出しています。

社台グループはノーザンテーストという大種牡馬を購入して成功。
その後継としてサンデーサイレンスの供用で絶対的な地位を占めました。
サンデーサイレンス自身はもう死んでいますが、今回のダービーにも7頭の孫が出走します。
つまり種牡馬への投資に成功して、大きくなっていったということが成功の理由の一つです。
それだけ、どの種牡馬を持っているかは大きな問題だということです。

しかし、今年のダービーには3頭のキングカメハメハ産駒が出走します。
先週、オークスで同着優勝したアパパネもキングカメハメハ産駒なのです。
この種牡馬はこれから競馬界の中心となっていく馬だと思います。
サンデーサイレンス系でない強力な種牡馬の登場は社台グループの寡占を解消する起爆剤になるかもしれません。

そのキングカメハメハが共用されているのが

社台スタリオンステーション!!

コリャ、当分社台の力は衰えんな…

一つだけその流れを変える可能性がある勢力があります。

ダーレー・ジャパン・ファーム!!
ダノンシャンティの生産牧場です。

しかし、バックにいるオーナーはシェイク・モハメド
ドバイの王様であり、UAEの首相です。

外資もなぁ…

日本の中小生産牧場も頑張ってください。
個人的におすすめは

ハンソデバンド
生産は苫小牧の藤沢武雄さん

あとは

ヒルノダムール
新ひだか町の橋本牧場

あたりが勝つといいですね。

でも、皆ガンバレ!!

特にコスモファントム!!


スポンサーサイト
[2010/05/28 18:11] | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。