スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『アバター』
少し前になんとか時間を作って観に行ってきました。
『アバター』
アメリカでは公開週に70億円の興行収入を上げたようです。
アメリカ人は映画が好きですね。
1人当りが映画に使うお金は日本人の倍くらいは使うのではないでしょうか?

日本でも1位スタートすると思いますがどうでしょうか?
ライバルがたいしたことないし、CMの話題性がすごいですから…

映画の方ですが星は☆☆☆+です。
さすがに山口では3Dでは観れませんでしたが、3Dでなくてもいいです。
僕はメガネをかけているので、その上に3D用のメガネをかけるのもイヤですし、飛び出てくるとすごいとは思いますが、かけていなくても映像技術は一流です。

ジェームス・キャメロンが作った世界観はかなりいけてると思います。
アマゾンの派手な毒蛇を青くしたようなカラーリングの巨大な先住民の不細工さとキモさがいいですし。
ウエストの締り加減がなかなかいい味を出していました。
浮いてる岩から滝が落ちてくる映像や初代エイリアンに出てきたような飛行機やモビルスーツもマズマズでしたね。
アバターの何人かが英語を話せたのがちょっとコケましたが…
ともあれ、世界観や映像美は☆☆☆☆くらいはあります。
ブレード・ランナーには負けていますがトップレベルです。

しかし、問題はやっぱりストーリ-。
監督はうまく伏線をはり、話を進めてはいました。
しかし、ストーリー展開が有りがちすぎてどうしようもないことになってしまいました。
同じストーリーでも、もう少し話の持っていき方があったのではないでしょうか?

この監督のターミネーターにしても、タイタニックにしても、ストーリーは単純ですが、もう少しストーリ展開が見えにくかったように思います。その辺が残念でした。
ミッシェル・ロドリゲスはいい味を出してはいましたが、なぜ命がけでそういう行動を取るのかがわかりませんでしたし、火力で負けているナヴィが正攻法で対決していくあたりも説得力にかけました。

最初の1時間は良かったけど、だんだんボロが出てきた感じですね。
ラブロマンスを入れる必要性も感じませんでしたし。

この映画を3本立てくらいにして、ジックリと見せたらもっと上手くできたかもしれません。
ジックリ始まって、後半で急いだ感じがしました。

ちょっと消化不良な感じがしますが、映画ファンなら見た方がいい1本だと思います。

スポンサーサイト
[2009/12/27 22:26] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。