スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
草薙君事件に思う
皆さんご存知のように、ある夜、草薙くんは公園で裸で騒いでいました。
うるさく思った近隣の人が通報して、警察官があまりの酩酊さにクスリでラリってるのかと思い、とりあえず公然わいせつ罪ということで、別件逮捕をしました。

家宅捜索令状は裁判所が開かないと取れないので、朝イチで礼状をとり家宅捜索をするも、30分ほどでジャニーズと親交のある政府か警察の高官から「なにやってるんだ!!、さっさとやめて帰って来い!!」とお言葉があり、捜査官はもっと調べたいのに帰ってきました。
もちろん、家宅捜索の前にジャニーズ事務所の人間が部屋中片付けてまわったでしょう。
実際に大麻や覚せい剤があったかどうかはわかりません。

ただの酔っ払いだっただけかもしれません。

マスコミのトーンも最初は犯罪者扱いでしたが、徐々に警察のやりすぎだというトーンに変わってきました。
ここでも、ジャニーズ事務所の力が働いたのかもしれませんし、そうではないかもしれません。
しかし、どちらにしても草薙君は芸能界に復帰するでしょう。

問題はその時です。

やはり、ポスト芦屋雁乃助として「裸の大将」で復帰しなければいけないのではないでしょうか?

芸能界はいいところです。
裸がユニフォームみたいな役もありますし、酔っ払いの役もあります。
髪の毛が薄ければ、かつらのCMにもでれます。
「世界の中心で裸で叫ぶ」という映画を作ってもいいですね。
20年積み重ねてきたキャリアを一瞬でぶち壊してしまうノンフィクション映画。
ラストは「ショーシャンクの空に」のようなカットを全裸でやるとか。
いいジャケット写真になると思いませんか?

僕が高田公園で全裸で騒いでいても、なんともなりませんが、不況、不況というしかネタがないワイドショーのために文字通り体を張ってネタを提供した草薙君の勇気に各放送局は感謝するべきだと思います。

「裸で何が悪い!!」
流行語大賞狙えるかもしれませんね。
スポンサーサイト
[2009/04/30 18:20] | コラム「世界中の悩み」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。