スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
フォアグラづくしコース
5月はフォアグラづくしコースをやることに決定しました。
お値段は\6300です。

その価格で出来るのかちょっと不安もありますし、フォアグラってガチョウの肝臓でしょ!!って敬遠される方もいらっしゃいますよね。そこも不安です。

しかし、やると決めたからにはやります。

フォアグラを召し上がったことがある方はほとんどソテーしたものを召し上がっていると思います。
それをいろいろな調理法にして召し上がっていただくわけです。
どんな形でフォアグラが出てくるか楽しみじゃないですか?

焼いたり、蒸したり、お刺身だったり…

ええ!!おさしみ~?
と思われた方はその答えを確かめにいらっしゃってください。

ということで昨日はフォアグラの茶わん蒸しを作ってみました。
なかなかのものに仕上がっていましたよ。

常連さんは実験台になるかもしれませんから気を付けてくださいね。
スポンサーサイト
[2010/04/22 13:19] | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
伊勢海老のフライ
お客様のご要望で作ったお料理です。
名前は
「伊勢海老のフライ」
エビフライは普通1本そのまま揚げますよね。
頭をつけたままあげる場合と頭を外して揚げる場合があります。
大きい海老の場合は大きさを強調するために頭をつけたまま揚げることが多いです。
伊勢海老は?
もちろん大きいですよね。
ですから頭をつけたまま揚げました。
その映像がこちら

伊勢海老フライ

勇壮な感じにあがりましたがちょっと伊勢海老の流し目が怖いです。
食べるところの方が少ないジャンという無粋なツッコミをする人は無視して、ドカ~ンと揚げました。
揚げるのが大変だったようです。
サイズがサイズですから、揚げる鍋に入るかどうかというところから心配でした。
料理長から「頭をつけたまま揚げるんよね」と確認が来たくらいです。
不安がアリアリの声色でした。

そんなこんなで無事揚がりまして、皆さんに画像でお披露目できました。
この香りをお伝えできないのが残念です。
ご予約があれば、いつでも作りますよ。
お値段はもちろん時価ですが…

たまには面白いチャレンジですよね。
チャレンジさせて頂いたSさんありがとうございました。
[2009/09/10 23:20] | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大トロ・鮪づくしコース
ほぼ毎月やっている特選コースですが、今月は「大トロ・鮪づくしコース」です。
お値段は¥5,250と\8,400です。
\8,400はトロがふんだんに入っています。

この特選コースは原価を通常の2倍くらいかけて作っています。
通常の原価率計算をすると\5,250のコースだと\10,000くらいにはなると思います。
ですから、値段に比べて原価的にはお得ですね。
いくら原価がかかっても。美味しくないのでは意味がありませんが…

料理の方も頑張っています。
今年の目玉は「大トロしゃぶしゃぶ」です。
なんでもそうですが、温まると甘みが増します。
ぬるいコーラは甘すぎるでしょ。
アイスクリームも冷たいくらいがちょうどいい甘みですね。
大トロも少し温まると甘みが増します。
鮪の脂肪が融ける温度は人間の体温よりかなり低いので、大トロの脂は口の中で融けて美味しく食べられますが、少し温めるとまた違った食感です。
お刺身でも食べて、しゃぶしゃぶでも食べられるって、いいと思いませんか?

その他にも
鮪のぬた和え
赤身の黒胡椒焼き
鮪の頬肉の竜田揚げ
鮪のカマのスモーク
鉄火丼
など7品まるごと鮪です。

マグロ好きの人は是非お召し上がりください。


[2009/04/03 18:37] | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あんこう鍋
先日、お客様がアンコウ鍋を食べたいとおしゃっいました。
僕も食べたかったので何とかしてみようと思います。
アンコウと言っても小さいアンコウでは面白くないので大きいものを。
アンコウ鍋というと茨城県が有名ですね。
老舗の料亭では20kg以上のものでないと使わないそうです。
さすがにその量は無理なので7,8Kgくらいのものを狙っています。
大きいと七つ道具と呼ばれる内蔵や肝も大きいので食べ応えがあります。

あんこう鍋は醤油仕立て、味噌し立て、どぶ汁と3種類くらいが支配的ですが、塩だけで味付けする潮仕立ては少ないようです。
新鮮でもかなり、生くさい魚ですからね。
特に表面のヌルヌルはしっかり落さないと「生臭さの三重奏」のように広がります。
見た目も慣れない人には「深海のグロテスク王子」に見えることでしょう。
しかし、そんなグロさが大量のコラーゲンを持つ要因だと思います。
お肌にいいとわかれば、グロさもなんのそのですよね。

最近、アンコウの水揚げ日本一に下関港がなったそうなんですが、唐戸市場に並んでいる姿をあまり見た記憶がありません。
日本各地に出荷しているのでしょうか。
鍋の食材として「西のふぐ、東のあんこう」と呼ばれるくらいのものですから、西日本ではあまり食べないのかもしれませんね。

一応、来週の後半に仕入れようと思っているのですが、興味のある方は食べに来てください。
店でもお出ししますから。
入荷しなかったら勘弁してくださいね。
[2009/03/13 18:56] | 料理 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
創作ふぐづくしコース
もう、来年の広告原稿の締め切りが来てしまいました。
早いものですね。
1月は恒例の創作ふぐづくしコースです。
マンネリにならないようにするのは大変ですが、今年は新作料理が出来ました。
名づけて
「とらふぐのコラーゲン鍋」です!!
コラーゲンは肌のツヤをよくするなど、美容には効果的らしいのですね。
実はふぐには良質のコラーゲンがたくさん含まれています。

ん?どこにあるのかって?

実はふぐ皮にたくさん含まれているんです。
それを煮凝りを作る要領でゼリー状に抽出します。
このコラーゲンと旨みの詰まったゼリーをふぐの鍋に溶かしこむわけですね。
そして、この旨みのタップリ詰まったスープを使って雑炊を作ってしまうのです。
この雑炊は凄いことになりますよ!!

その鍋と雑炊をメインに7品ほどのコースにする予定です。
楽しみにしてくださいね。

あくまでも1月からなので、お間違えのないようにお願いします。
[2008/12/10 18:54] | 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。