スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ヴィクトワールピサの快挙
ヴィクトワール

大地震の収拾がついてない日本ですが遂に日本競馬界の悲願が達成されました。

3月26日UAEのドバイ、メイダン競馬場で行われたドバイ・ワールドカップで遂に日本馬が優勝したのです。
ドバイ・ワールドカップは世界最強馬を決めるレースの一つとして認められています。

他には
フランスの凱旋門賞
アメリカのブリーダーズカップ・クラシック
でしょうか?

その内の一つを日本馬が遂に制したのです。
これは日本競馬界に関わる人すべてが興奮するような快挙だと思います。
しかも、日本馬のワンツーフィニッシュです。

このレースには3頭の日本馬が出走していました。
勝ったヴィクトワールピサはその中では一番期待されていなかったかも知れません。

まず8着に入った「ブエナビスタ」
サンデーレーシングという一口馬主会の持ち馬で昨年のJRA年度代表馬です。
国内GⅠ5勝
昨年のドバイ・シーマカップ(GⅠ)2着
昨年の有馬記念ではヴィクトワールピサに敗れはしましたが未だに3着以下がなし。
当然一番期待されたスーパーホースです。

次に「トランセンド」
オーナーは前田幸治さんという有名馬主さんでアイテックという会社の経営者らしいのですが、1980年代から生産牧場も持っている方です。
競馬界の功労者の一人だと思います。

トランセンドはダートGⅠを2連勝中。
一昨年までドバイ・ワールドカップはダートコースで行われていましたのでダート馬が遠征することが多かったですね。
今はオールウェザーと呼ばれるトラックでポリトラックスと呼ばれる素材で作られています。
イメージは電線を覆っているゴムを小さく刻んだようなものを敷き詰めています。
馬に対するダメージが少なく、コース整備が容易なので最近アメリカを中心に普及し始めています。

そして勝った「ヴィクトワールピサ」
市川義美さんという大阪の宝石商の方の持ち馬です。
GⅠを2つ勝っていますし、国内のレースでは3着以下がありませんので強い馬には間違いありません。
昨年、フランスに遠征して凱旋門賞で7着でした。
この3頭の中では一番期待薄だったと思います。

そんな下馬評の中、見事にヴィクトワールピサはこの世界最高峰のレースを制したのです。
お見事というほかりません。

日本馬はサンデーサイレンスという種馬を導入以降、競走馬のレベルがあがり、国際的にかなり認められるようになりました。
しかし、サンデーサイレンスの死後、サンデーサイレンスの直子が活躍した割に孫の世代から国際的に活躍する馬があまりいなかったこともあり、また世界との距離が広がった印象を受けていました。
あの頃の活躍はやはりサンデーサイレンスのおかげだったのかとも思っていました。

しかし、昨年、ナカヤマフェスタが凱旋門賞で2着し、今回の勝利を考えると血統に頼ったのではなく、日本のホースマンのレベルが世界のトップに近づいていると実感できると言えると思います。
そうした意味でも競馬関係者の喜びはひとしおでしょう。

関係者の皆さん、おめでとうございます。
スポンサーサイト
[2011/03/27 12:31] | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ナカヤマフェスタ惜しい!!
続きを読む
[2010/10/06 19:37] | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本ダービー
いよいよ日本ダービーが明後日、5月30日に発走します。
今年は有力馬3頭が激突しますので盛り上がっています。

ここで予想などしてもしょうがないので、18頭のメンバーから見る現代日本競馬のいいとも悪いとも言えない状況を書いておきます。

日本最大の生産牧場グループは言わずと知れた社台グループです。

社台ファーム
ノーザンファーム
白老ファームが主な牧場です。

今回、3歳のチャンピオンを決めるこのレースに出走する日本競馬生え抜きの18頭の中にこのグループの馬が10頭もいるのです。

JRAに登録される競走馬の7500頭程度のうち、社台グループ生産馬は540頭程度です。

8%弱の生産馬がダービー占有率60%というのはすごいことです。
過去10年のダービーで6頭の優勝馬を出しています。

社台グループはノーザンテーストという大種牡馬を購入して成功。
その後継としてサンデーサイレンスの供用で絶対的な地位を占めました。
サンデーサイレンス自身はもう死んでいますが、今回のダービーにも7頭の孫が出走します。
つまり種牡馬への投資に成功して、大きくなっていったということが成功の理由の一つです。
それだけ、どの種牡馬を持っているかは大きな問題だということです。

しかし、今年のダービーには3頭のキングカメハメハ産駒が出走します。
先週、オークスで同着優勝したアパパネもキングカメハメハ産駒なのです。
この種牡馬はこれから競馬界の中心となっていく馬だと思います。
サンデーサイレンス系でない強力な種牡馬の登場は社台グループの寡占を解消する起爆剤になるかもしれません。

そのキングカメハメハが共用されているのが

社台スタリオンステーション!!

コリャ、当分社台の力は衰えんな…

一つだけその流れを変える可能性がある勢力があります。

ダーレー・ジャパン・ファーム!!
ダノンシャンティの生産牧場です。

しかし、バックにいるオーナーはシェイク・モハメド
ドバイの王様であり、UAEの首相です。

外資もなぁ…

日本の中小生産牧場も頑張ってください。
個人的におすすめは

ハンソデバンド
生産は苫小牧の藤沢武雄さん

あとは

ヒルノダムール
新ひだか町の橋本牧場

あたりが勝つといいですね。

でも、皆ガンバレ!!

特にコスモファントム!!


[2010/05/28 18:11] | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
競馬必勝法
また。競馬の話ですが…

あっ!!NHKマイルカップは当たりましたよ。
4000円買って3860円になりました。
乙!!

それはおいといて

競馬にはたくさんの予想会社というものがあります。
月に4万円とか、1レース5000円とかで情報をくれます。
昔は電話して聞く形式でしたが、今はメールが送られてくるようです。

僕は契約したことはありません。
予想が楽しくて競馬をやってるんですから…

東京にいる友達がいっていましたが、その友達の知人が競馬の予想会社を立ち上げたそうです。
最初はホソボソと始めて、5年後くらいには売上が100億を超えていたそうです。
凄いですね。

そこの会社は当たらなければ次回情報料は無料になるというやり方だったそうです。
なん通りか予想を立てて契約者にそれぞれ予想を送る。
そうすると大体、1個くらいはあたって当たったところからは次回も金がもらえる。
外れたら次回無料でそれがビジネスモデルな訳です。
裏情報とか馬体を見る眼
これは詐欺ではありません。

競馬というものに必勝法はあるかもしれませんがそれは1レースを当てるものではないと思います。
投資金額の配分法のようなものなら必勝法があるかもしれませんね。
ちょっと前にそんな脱税事件が起きてましたから…

競馬は同じメンバーで同じコースを10回走れば10回とも違う結果になります。
馬がすることですから…
だから、絶対当たるレースはないんです。

さて,仙台でパチンコ必勝法を勧誘していた業者が訴えられています。
パチンコ必勝法に一人数十万円から最高1200万円を情報料として支払ったそうです。
1200万円は論外ですが数十万円も持ってたら、パチンコしないのが一番ですね。
意味がわかりません。

それだけ精神的に追い詰められていた時に引っかかったんでしょうね。
苦しい時の名案は間違っている時が多いということでしょう。

自分もいつそういうことになるかわからないので気を付けたいと思います。
苦しい時ほどコツコツが大事ですね。

[2010/05/10 20:10] | 競馬 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
レッドディザイア残念でした。
1着のグロリアデカンペオンに6馬身ほど離された11着でした。
残り400mのところで外に出したときにはおおっと思いましたがそこから伸びず。
流れ込んだだけの競馬になりました。

先行馬が軒並み上位入選したスローペースの展開でした。
道中5,6番手にいた位置取りは良かったと思います。
ただ、3枠の内枠発送で他の馬に包まれてしまい、精神的に落ち着きをなくしてしまったようです。
人間に例えると日本の女の子が外国のマッチョな男どもの中に包まれて走るんですから、精神的に追い込まれても当たり前といえば当たり前なんですが…

ここで関係者のコメント
【C.スミヨン騎手(レッドディザイア号騎乗)】
「少しエキサイトしていたかもしれません。
4コーナーでこれからエンジンがかかるというところで、他の馬に寄られて力が出し切れませんでした。
前走負かした馬が上位に来ているだけに、今回の敗因が分かりません。厩舎スタッフがきっちり仕上げてくれたのに、この結果は残念です。」

【松永 幹夫調教師のコメント】
「今回も前走と同じスローペースでした。
ただ、前走は折り合うことができましたが、今回は力んでしまい、そのぶん最後伸びを欠いたのかもしれません。
レース後の馬体に関しては問題ありません。次走についてはこれから考えます。」

スミヨン騎手のコメント
敗因がわからないというのは負けたジョッキーの常套手段で、わからなければジョッキー失格です。
言わないだけです。
敗因を語ることはその馬の弱点をさらすことになりますし、自分の騎乗ミスであればなおさら語るわけにはいきません。

松永調教師のコメント
前走と同じスローペースでしたが…
同じではないんです。
前走同じコース、同じ距離の勝ちタイムが

2:02.62

トラックはオールウェザーで天候による馬場状態の差は軽微です。
その状態でより強いメンバーが集まったドバイワールドカップ本番のタイムが

2:03:83

1:21もタイムが遅いのです。
1600mの通過タイムは2秒近く遅かったのではないでしょうか?

前回はスローペースで外々を回って後方から差し切った。
今回は超スローペースで馬群の中から抜けだそうとしたが、スローペースでイラつき、馬に囲まれて平常心を欠いたため最後の挑戦で伸びなかった。

その辺が前走と今回の違いだったと思います。
ですから、レッドディザイアの能力を悲観することは全くないと思いますが、彼女が世界チャンピオンになる可能性は極めて遠くなったと言えるでしょう。
チャンスが有ったのに残念です。
同じメンバーで同じコースを10回走れば、2,3回は彼女が勝ったと思います。
しかし、現実のレースは1回だけ。
それが競馬というものですね。
特に今年はメンバーが手薄だったのでチャンスだったと思います。

もう一つ、つけ加えますとヨーロッパではスローペースが見え見えのメンバー構成になりそうな大レースの場合、ラビットと呼ばれる馬が出走します。
これは、そのレースをスローペースにしたくない有力馬のオーナーや調教師がペースメーカーとして馬を出走させるものです。
勝つ気は最初からありません。
ジョッキーもその辺はわかって出走します。
そうした馬を今回はどこも準備しなかったのも不運でしたね。

このレースを見て、あらためて感じたのは日本馬の海外遠征に対する経験不足です。
特に厩舎関係者は海外で競馬した経験がない人がほとんどなのですから、そんな状態で馬をいいの状態にすることは難しいと思います。
ヨーロッパの場合は国同士が近いので海外遠征は当たり前ですし、アメリカの場合は国内でも飛行機で4時間も移動したり、各競馬場の施設はマチマチで海外遠征するのとあまり変わらない状況にあります。
それに比べて、日本のトレーニングセンターや競馬場は充実しています。
恵まれた環境にあるということが災いしているのではないでしょうか?
厩舎関係の能力が欠けているという意味ではなくて、慣れが必要ということです。

しかし、本当に残念でした。
クロフネが故障していなければ、勝てたであろうと思った2002年のドバイワールドカップ以来、8年ぶりの期待を持たせてくれただけでもレッドディザイアには感謝したいと思います。
関係者の方は本当に悔しいでしょうね。
これからも彼女をよろしくお願いします。







[2010/03/28 18:01] | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。