スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
茶豆
毎年、8月になるとまさらっぷにも茶豆がお目見えします。
初めて食べた時の感動は今も忘れられません。

コクのある味と歯ごたえ。
そして、なによりも驚いたのはそのこうばしい香りです。

かれこれ10年くらい前から送ってもらっているのですが、その年最初の茶豆が送られて来た時は同じような感動を得られます。

まさらっぷで使っている茶豆は有名な山形の「だだちゃ豆」ではなく、丹波の「黒大豆枝豆」でもありません。
新潟県の旧黒埼町の黒鳥地区の茶豆を使っています。
今は広域合併して新潟市になっています。
ここの茶豆が本当に美味しいんです。

「だだちゃ豆」も「黒大豆枝豆」も両方食べたことはあるのですが、ネームバリューよりも自分たちの素直な感覚で選びました。
茶豆にとって香りは非常に大事です。
その香りが一番良かったと思います。
そして、鮮度ですね。
茶豆は鮮度が良くないと美味しくありません。
鮮度の良くない茶豆は石黒貴己のいないAKB48みたいなものです。

ビミョーな例えでしたが…

とにかく、鮮度が大事!!
鮮度のいい状態で送ってくれる信頼できる農家の方のおかげでいい茶豆が手に入ります。

そこに料理長の経験がプラスされることでまさらっぷの茶豆は口の中で羽ばたくのです。

いつまであるかわかりませんが、食べておかないと損ですよ。
スポンサーサイト
[2010/08/28 18:24] | 食材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エテガレイって御存知?
あまり聞き慣れない名前のカレイですね。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
エテガレイは、北海道では「宗八ガレイ」と呼ばれています。
肉厚で独特の風味で脂を多く含み、旨みが強いのが特徴です。
エテガレイは鮮度と扱いによって味にかなり影響がでます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

地方地方で名前は違うようです。
今月、そのカレイの一夜干しを使っています。
上品な魚とは言えませんが、実が厚くなかなかの味ですよ。
山陰にはまだまだ知られていない美味が埋もれているようです。
[2008/11/14 18:22] | 食材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
本しめじ
「香り松茸、味じめじ」と言いますね。
古来、しめじは美味なキノコとして珍重されてきました。
それゆえ、悲しい運命になってしまったのです。
現在、しめじの名で全国的に流通しているキノコはヒラタケ科ヒラタケ属のヒラタケの栽培品で、本来の意味でのシメジとは全く別のものなのです。
このねじれは栽培ヒラタケが栽培困難なシメジ属のキノコの代用品として「シメジ」の名で売り出され、そのまま定着してしまったからだそうです。
いわゆる「しめじ」はほとんど天然物しかありません。
そんなに量が少ないと全国に流通するわけがありませんよね。

そう言われると食べてみたくなるのが人の常!!
ということで山形産・天然本しめじを頼んでおきました。
いつ届くかわかりませんが10月上旬です。
山形の田舎のおばあちゃんが獲って来てくれるそうです。
そのときメニューにあったら注文してくださいね。
どうしても食べたい方は連絡をください。
入荷したら連絡しますよ。
楽しみだなあ!!
やっぱり、シンプルに焼くのがいいのかなぁ!?
[2008/09/19 19:33] | 食材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
黒鳥茶豆
暑くなってきました。
連日30度を軽く超えています。
こう暑くなってくるといよいよヤツの登場です。
夏の最終兵器

「茶豆」さんです

この時期毎年メールを送らないといけないところがあります。
黒鳥第2茶豆組合さんです。
毎年、茶豆を頼んでいます。
ウチには週2回送ってもらいますが、それを収穫できる期間ず~っとです。
とはいえ6週間くらいしかありません。

それがそろそろ登場してくるんです。
はぁ~っ。
楽しみ^^
丹波黒豆の茶豆、山形のだだ茶豆など結構いろいろ食べたんですが、価格や対応、味と鮮度を考えるとこの黒鳥第2茶豆組合さんが一番でした。

この茶豆を蒸して、お客さんに提供するときの香ばしさはなんともいえません。
あの感動がまたやってくるのです。

おすすめすると枝豆でしょう?と皆さんおっしゃいます。
もちろん、ただの枝豆です。
塩蒸しにしただけの。
でも、そうおっしゃったお客さんが「まだ枝豆ないの?」とか「枝豆はいつごろ?」とおっしゃいます。
そういうただの枝豆です。

そのただの枝豆がいよいよやってきます。
[2008/07/25 18:23] | 食材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
うに飯
萩の沖に見島という島があります。
ご存知の方も多いと思いますが見島牛の里です。
見島牛は日本在来和種の牛ですので、最後に残された日本の牛の血族です。
また、鬼ようずという大きな鬼の絵の凧を作ることでも有名です。
男の子が生れたときに作るもので、鯉のぼりや五月人形に似た習慣でしょうか。

しかし、見島といえば僕の中ではうに飯です。
うに丼ではなくうに飯なんです。
炊き込みご飯の中にうにが入ってる感じです。

うにって加熱しても美味しいのか疑問だと思います。
僕もそう思ってましたが、見島の民宿でたべたうに飯のあまりの美味しさにびっくりしました。
ミョウバンを使わないので加熱しても苦味が出ないのかもしれませんが、本当に美味しいんです。
萩から船で1時間はかかりますから簡単にいけるところではありませんが、時間があったら是非行って見て下さい。

来月、まさらっぷはうにづくしコースです。
見島のうに飯くらい美味しいうに飯が出来たら〆の御飯ものにしようと思っています。
今、研究中です。
試食を他の頼まれた方は嫌がらずにお願いします。

なんとか美味しいうに飯を作ってみたいんです。
[2008/07/20 18:06] | 食材 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。