スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
城好きなNさん
去年の暮れ、12月23日か24日くらいだったでしょうか。
オートバックス湯田店さんの前でお客さんのNさんの奥様に出会いました。
「どうされましたか?」
「今ね。迎えを待ってるの、カーナビを付けてもらいに来て。」
「あ~そうなんですか。どこかに行かれるんですか?」
「水戸の西山荘に行くんて」
「西山荘ですか…」
「なんか水戸黄門が住んでたらしいよ」
「でも、車で行くんですか?」
「なんか途中にもいろいろお城を見ながら行くらしいよ」
「らしいよって、一緒に行くんでしょ?」
「うん、大晦日に出てね。」
「へぇ~お城好きって意外な趣味ですね。」
と言って別れました。

実はお城がブームらしくて、日本全国のお城が過去最高の入場者数を更新しているそうです。
ちなみに昨年最高は熊本城の221万9517人だそうです。
去年、本丸御殿が復元されて、一般公開をしてるのが人気に拍車をかけたようですね。
たしか、見取り図の中に「招君の間」と言うのがあって、加藤清正が豊臣秀頼を匿うために作った部屋があったことで話題になりましたね。
ちなみに先日、将棋の名人戦も熊本城内で行われていました。
普通はホテルの中でやるんですが、地元の方々が誘致活動をしたそうです。

そして、極めつけは「日本の100名城・スタンプラリー」
http://www7a.biglobe.ne.jp/~nihonjokaku/oshirase/oshirase27.html
スゴイ企画ですが、平成19年度から始めてすでに57名達成者がいるそうです。
城マニアの熱いハートがうかがえます。
山口県は「萩城」「岩国城」が入っていました。

ところで、お正月に城ツアーにでたN夫妻ですが、各所が年末年始の休業で中には入れなかったそうです。
まぁお城は外からも見えますから、ドンマイ!!
今度、一緒に中国地方の13城をまわりましょう。
スポンサーサイト
[2009/05/11 13:06] | お客さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
生キャラメルの達人
先日、Yさんに生キャラメルを頂きました。
手造りなんですがこれが美味しいんです。
花畑牧場の生キャラメルは食べたことがありませんが、きっといい勝負をするんだと思います。

ちなみにこの方は男性で料理関係の仕事をしているわけではありません。
世間ではおじさんと呼ばれると思います。
チョイ悪オヤジとかではなくて、ホントに悪いことしてそうな感じです。

でも、このおじさんは人を喜ばすのが大好きなんです。
なんといっても、飲んで帰って午前4時くらいから「生キャラメル作ろうかなぁ~」とか思って作り始めてしまうらしいです。
もう少し、歳が行けば立派な徘徊です。
認知症と疑われても仕方ありません。
しかも、自分が食べるのではなくて、いろいろな人に配るために作るんです。
喜ぶ顔が見たいから…
人が喜ぶ顔を見たいから、ついつい頑張ってしまうなんて、ホントに優しい人なんですね。

この間も手造りポン酢のラベルを作って欲しいということで作ったのですが、なんと12枚。
そんなに手造りして、お知り合いの方に配ったんですね。
しかも、2回も…
頭が下がります。
でも、薄いのがバレるのでちょっとだけ下げることにします。

これからも、よろしくお願いします。
一緒に楽しい飲み会しましょうね。

[2009/04/29 21:05] | お客さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
俳句の師匠「Mさん」
今から8年くらい前のことですが。
お昼の営業をしている時に女性のお客様が二人でカウンターでお話をされていました。
そのお二人の間に1冊の本がありました。

お二人はその本についてお話をされていたので
「なんの本ですが?」
と聞いてみました。
人生というものは面白いもので何をキッカケに動き始めるかわかりません。
その時、聞いていなければ、この世界に足を踏み入れてはいなかったでしょう。

「俳句の本よ。」

「そうですか。いい趣味ですね。」
(一応、褒めてみました。)

「あら、興味あるの?」

「やったことはありませんが…」
(興味を持ったことなんてないなぁ)

「やってみる?」

「ハハハ、難しいそうですね。」
(俳句とか考えたこともないよ)

「やろう!やろう!」

「できませんよ。僕なんて」
(うわ、意外と強引だなぁ)

「じゃあ、今度ここで句会をしましょう」

「でも仕事でなかなか時間が合わせられませんからねェ」
(うわ、ヤベェなんでこうなるの?)

「大丈夫、合わせるから」

「エッ?ハハハ」
(マジですか…)

「じゃあ、今度人を集めておきますからね。」

「あっハイ」
(まあ、立ち消えになるだろう)

という会話から3ヵ月後、今に続くまさらっぷの句会が始まりました。
もう、8年になりますか。
今では、あの時の出会いに感謝しています。
本当に人生というものはわからないものですね。

やってみると意外と面白いなぁと思います。
途中に何度かイヤになることもありましたが、続けてきて良かったと思います。
花の名前をおぼえたり、季節感を感じる物を知ったり、日本の美しさを再認識できます。
また、句会で皆でどこかに行くことはいい思い出になりますし、俳句というお土産も持って帰れます。
皆さんも俳句を始めてみてください。

初めての句会の日に店に来る途中に思いついた句を添えさせて頂きます。
あの日も今日と同じようにすがすがしい花日和でした。

「告げられぬ言葉残して桜ちる」

[2009/04/08 18:34] | お客さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本酒ルネサンス開催中
開催を始めて1週間も経っていませんが、お二人で全銘柄クリアされた方が早くも現れました。
とはいえ、8銘柄ですが…
順次、入れ替えをしながら続けて行きたいと思います。

今の銘柄は
「勝駒」純米
「英勲」純米大吟醸
「黒龍」火いら寿
「獺祭」磨き5割無濾過生原酒
「無風」純米吟醸
「十四代」本丸
「雅山流」彩月
「月桂冠」伝匠
の8銘柄です。
季節を感じられるお酒をできるだけ揃えておきたいと思います。

そういうわけでそのお客様と競馬の話になりました。
今週はGⅠ高松宮記念ですから。
そこで僕のイチオシの馬をご紹介したのですが、余裕の9番人気です。
今から、3着までに来なかったときの言い訳を考えておかなければなりませんね。
追込み馬なので出遅れは関係ないし…
調教はいいそうなので体調は関係ない。
展開が悪いとしてもそれはメンバーが発表になった段階でわかっている。
とりあえず、お馬さんの神様にお願いに行きます。

まぁ、ギャンブルというのは勝つ時は勝つし、負けるときは負ける。
負けた時にどういう精神状態でいられるかということで、自分の精神を鍛える修行みたいなものですからね。
負けた時は授業料を払ったということです。
お子様たちが塾に行く時の授業料と一緒です。

それよりもレースまでの1週間、競馬好きな知り合いとああでもない、こうでもないとか話をしたり、自分の頭の中でいろんなシュミレートをしたりするのが楽しいです。

さてと、レースが始まる前日からの言い訳はこの辺にしときましょうか。

明日のpm3:42分頃中京競馬場のゴール版の前を真っ先に駆ける馬が

トウショウカレッジでありますように…

ええと

3番目以内でもいいです。
[2009/03/28 18:02] | お客さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
山梨に住んでいるOさん
Oさんは山口市の出身です。
結婚されて、ご主人の仕事の都合で山梨にお住いです。
久しぶりに山口に帰ったということでウチに来て頂けました。
7年くらい前から知っているお客さんですが歳を聞いてビックリ!!
29歳って…
一人だけずるいなぁ~と思いました。
というよりそれだけ若い時から知ってたということですね。
大人びて見えるから気がつきませんでした。

それはおいといて、そのお客さんの話を聞いてビックリなことがありました。
「東京だったら夜勤したら1日3万円くらいにはなるよ」
??????
看護師さんの話ですが…
!!!!!!!!!!
山口とはかなり感覚が違いますね。

山口と東京って貨幣価値が違うのでしょうか?
もしかしたら、財布の中のお金が「やまぐち円」とかだったらどうしよう。
確認してみました。
一応、日本銀行券って書いてありましたが…

それともう一つ
東京から甲府まで3時間くらいかかるという話でした。

それも驚きでした。
隣の県だからもっと早いのかと思ってましたから。
新山口からだと1時間ちょっとで岡山まで着いちゃいますから…
あああ
お隣でも松江は5時間かかるんだった。

交通機関の発達はスゴイってことですね。
[2009/02/20 17:42] | お客さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。