スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
西岡利晃vsノニト・ドネア
いよいよ10月13日(日本では14日)

西岡利晃とノニト・ドネアがWBC,IBF,WBOのスーパーバンタム級のベルトを掛けて戦います。

西岡は4回世界タイトルに挑戦して失敗した後、やっと世界タイトルをものにしました。
4回失敗したとはいえ相手は1人ウィラポン・ナコンルアンプロモーションという14回防衛した強いチャンピオンです。
4回やって2敗2分け

その後、WBCスーパーバンタム級タイトルを7回防衛しました。
中でもラスベガスで行った前回の防衛戦が注目を集めました。
相手のラファエル・マルケスは世界的なスターでしたし、ボクシングの中心地ラスベガスで防衛したことが評価されています。

世界タイトルが乱立する今のボクシング界はタイトルよりも強い相手に勝つことが重要です。
その中心にいる一人がマニー・パッキャオ(フィリピン〉
彼の年収は60億を超えています。
ラスベガスでの成功は貧しいフィリピーノをミリオネアにしました。
西岡はその中心地に踏み込んだのです。
ただし、ノニト・ドネアの試合後引退することを公表しています。
彼はすでに36歳ですから…

相手のノニト・ドネアはすでにラスベガスで活躍している選手でスーパースターへの階段を登り始めている選手です。すでに4階級制覇しています。
つまりメチャメチャ強いのです。

しかも彼は日本が大好きで「はじめの一歩」の大ファンなのです。
日本ボクシングのバイブル「はじめの一歩」まで研究され、一歩の得意技「デンプシーロール」を自分のボクシングに取り入れています。
そのからのあだ名が「フィリピーノ・フラッシュ」
フィリピンの閃光です。

donaire_mathebula03.jpg

チーム全員が「閃光」の鉢巻をしています。
閃光は一歩のライバル沢村の必殺技です。
これは完全にやばい展開です。

そして、「スピードキング」「モンスターレフト」と凄いあだ名を持ち、36歳にして進化している西岡利晃には改善しようのない弱点があるのです。
それがこちら

2010042900000529san0000view.jpg
nisioka.jpg

この2枚は世界戦の軽量の時の画像ですが、この2枚を見ると西岡の弱点は明白ですね。

そう、西岡は外国人に比べて

テンプルがデカイのです。
(かお)

テンプルがデカイと的がデカイわけで…
西岡は世界最強の選手とこの不利を抱えて戦わなければなりません。

それでも西岡には勝ってほしい。

当時世界最強のフライ級チャンピオンと呼ばれたビック・ダルチニャンを沈めたドネアの左フックは見るだけでも戦慄を覚えます。
しかもドネアは右利き。

それでも西岡には勝ってほしい

ブックメーカーのオッズは
西岡:ドネア 4:1.15

それでも西岡には勝ってほしい

明日、午前11時、日本のボクシング界の歴史が変わる!!

はず
スポンサーサイト
[2012/10/13 11:42] | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
唸るようなサスペンス映画10本
長らくお休みしててまた映画の話ですが好きだったサスペンス映画をご紹介します。

ユージャル・サスペクツ(1995〉
 監督:ブライアン・シンガー 主演:ケビン・スペイシー

アイデンティティー(2003〉
 監督:ジェームス・マンゴールド 主演:ジョン・キューザック

フレイルティ~妄執~(2001〉
 監督・主演:ビル・バクストン

閉ざされた森(2003〉
 監督:ジョン・マクティアナン 主演:ジョン・トラボルタ

セブン(1995〉
 監督:デビット・フィンチャー 主演:ブラッド・ピット

ファイトクラブ(1999〉
 監督:デビット・フィンチャー 主演:エドワード・ノートン

オープン・ユア・アイズ(1997〉
 監督:アレハンドロ・アメナバール 主演:ペネロペ・クルス

バタフライ・エフェクト(2004〉
 監督:エリック・ブレス J・マッキー・グラバー 主演:アシュトン・カッチャー

エンゼル・ハート(1987〉
 監督:アラン・パーカー 主演:ミッキー・ローク

レザボア・ドッグス(1992)
 監督:クエンティン・タランティーノ 主演:ハーベイ・カイテル

まだあると思いますが思いつくまでに
 
[2012/10/02 11:30] | 店長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
観たいような観たくないような映画
アーチ&シパック

「シュリ」の大ヒット以来、「猟奇的な彼女」や「シルミド」など日本でもヒットしている韓国映画ですが、また凄いのが現れました。

制作費3億5千万円のアニメーション映画

「アーチ&シパック~世界ウンコ大戦争~」です。

チョ・ポムジン監督はこの映画の完成に13年をかけたそうです。
といっても、途中10回以上の制作中止の危機を乗り越え、ついに3億5千万円をかき集めて制作に至ったそうなので実際の製作日数はそんなにかかっていないでしょうね。

あらすじは、
エネルギー源として人間のウンコが唯一のものとなった近未来、政府は排便促進のアイスキャンディーを配布し、体に埋め込んだICチップで全市民の排便量を管理するようになった。
そんな中、アイス強盗をなりわいにしているチンピラのアーチとシパックは、ひょんなことから驚異的な排便能力と強靭な肛門を持つ美少女と知り合う。
彼女が日々大量に放出する大便により大富豪となった3人は、しかし彼女とそのかけがえのない肛門を狙う様々な勢力から逃げ回るはめになるのだった。

斬新です!!

日本では絶対に映画化されない企画だと思いますが、映像はなかなかのものです。
こういう馬鹿げたものはマジメに作らないといけませんネ。
でないと面白くありません。

かなり斬新な発想なので興味をそそられるのですがどうでしょう?

観に行くかなぁ?

というよりも2月11日公開ですがこの近辺では、この春(日付は未定)広島の横川シネマという所でしかやってません。
観に行けないなぁ…
しかも韓国で公開されたのが2006年。
6年も前の映画を今頃日本であるっていうもの気になるなぁ

よほど気に入った人が日本公開に尽力したんでしょうね。





[2012/02/15 18:09] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
『スリーデイズ』
元旦にスリーデイズを観に行ってきました。
もちろん、いつものところです。
しかも1日は映画の日で\1,000で観れました。

星は☆☆☆+です。

さて、この映画は2011年9月23日公開でしたが山口は2ヶ月遅れですね。
監督のポール・ハリスが好きなので気になっていました。
脚本を書いた『ミリオンダラー・ベイビー』監督した『クラッシュ』で2年連続作品賞に関わっています。
両方好きな映画でした。
その後、脚本・監督した『告発のとき』も地味でしたがなかなかいい映画でしたね。

その3本からするとこの映画はちょっと落ちる印象は否めません。
ストーリー展開が早いし、アクションもあって観やすいのは観やすいのですがちょっと軽く感じます。
アクションが好きな方にはいいと思いますが、僕には深みが足らないように感じました。

とはいえ、さすがはポール・ハリスで奥さんが車に轢かれそうになるところ以外はなかなかうまく撮れています。
轢かれそうになるシーンはちょっとやり過ぎでしたが、押さえの効いた演出がリアリティーのあるアクションにしています。
もう一つ、リアリティーがなかったのが日本で言えば短大の地味な教授なのに筋肉ムキムキなラッセル・クロウですね。
『ビューティフル・マインド』に出た時も精神病の天才数学者なのに筋肉ムキムキでした。
陰のある演技はいいんですが、ムキムキですからねぇ…

この作品はフランス映画のリメイクらしいです。
外国映画のハリウッドリメイクはほとんどオリジナルの方が面白いので、今度オリジナルをDVDで観てみたいと思いますが探すのが大変そうです。

あまり内容に触れていませんが「いいんだけどもう一つ」という映画でした。
しかし、家で観るよりは映画館で観たほうが確実にいい映画がなのでぜひ観に行ってください。
早くしないと終わりますよ。








[2012/01/02 14:40] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
明けましておめでとうございます
いよいよ2012年が明けてしまいました。

今年もよろしくお願いします。

昨年もいろいろあったとは思いますがあっという間の1年でよく思い出せません。

今年は計画的により良いまさらっぷを目指して頑張っていきますのでよろしくお付き合い下さい。
[2012/01/01 14:34] | 店長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。